「伝える」より「伝わる」を意識する

話したいことを話すのではなく、話したい内容が、ちゃんと相手に伝わるかを考える。 ただ話すのではなく、相手が聞いたとき、どんな風に聞こえるかを意識して話す。 相手にとっては、わかりやすいし、あなたを理解できます。 自分にとっては、後悔が減り、充実感が得られます。