“今ここ”に意識をむける

やってしまったことを後悔したり、将来を考えて不安になったり、時間軸が過去や将来になっている時、「今」を意識します。 「今」に集中すると、効率も上がり、ニュートラルな状態に戻れます。