ちょうど良い怒り

出来事に対して、ちょうど良い大きさの感情があります。 特に怒りに関しては、アダルトチルドレンの苦手分野といわれています。 例えば、小さな出来事に対して、爆発的に怒ってしまう。逆に、怒るべきところで、怒れない、など。 どうして怒ってしまうのか、怒れないのかを見つめていくと、心のパターンを知ることができます。