人の為と書いて、いつわりと読む

あの人を笑顔にしたい。あの人の為に、誰かの為に、、 それって本当は、自分が感謝されたいからなんですよね。その事実を置き去りにしないことが大切なのです。