東京カフェカウンセリングは、今日まで多くのお客様にご利用頂いてきました。
その一部で、掲載の了解を得られたものをご紹介いたします。

ワークが日常でも使えています(2017年9月)担当:豊田

先日は2回目のカウンセリング、ありがとうございました。
時間が短いと思うと、頭の整理がつかず、話したいと思ったことや感じていることを次から次へと話してしまい、すみませんでした・・・

先生のブログをたくさん読ませていただいたことでも色んな気づきがあり、
この2回で行ってきた「声に出してよく聞いて体の反応を見る」や「辛い自分、変えたい自分を、リラックスした別の自分から見つめる」というワーク?が日常でも使えるようになってきました。

それでもまだ、前の彼と話したい衝動に駆られたり、申し訳ないような残念な気持ちが1週間に1回くらいあふれてきて涙が止まらなくなります。
また、お付き合い出来たらと思っていた新しい男性とは、
合わないところも多く恋愛感情になれないということで会うことをやめました。
その影響かまた自分に自信がなくなってきたり、前の彼に意識が向くことがあるので、まだまだ時間をかけて、
そういう恋愛への向き合い方を変えていきたいと改めて思いました。

穏やかに子どもと接することが増えました(2017年8月)担当:橋本

自分の変化に気がついたことがありましたので、お伝えしたいと思います。

穏やかなに子どもと接することが増えました。

以前は、自分が感情的になっていると自覚できても、更年期だから・・・と都合よく納得して、大きな声で怒ることもありました。

そして、自己嫌悪に・・・を繰り返していたようにも思います。

口出しを控え目にすることと、こだわることは自分でやればいいと割り切れたので、楽になれました。

自分の負の感情に気がついた時、抑えるのでなく少し客観的にとらえられるようになったようにも思います。

小さな気づきが嬉しい今日この頃です。

インナーちゃんがいとおしい(2017年7月)担当:豊田

その後、自分に眼を向けるようになり沢山の私のインナーちゃんに出会ってる事に気づき、びっくりしました
その子に語りかけることで、今まで苦手な人や考え方も少しづつですか変化してます。
インナーちゃんに会えたことが嬉しくて、いとおしく感じてます。

心が穏やかでした(2017年7月)担当:橋本

先週のカウンセリングを受けて感じたことをお伝えします。

まず、カウンセリングが終わったあと心が穏やかでした。

前回は話せた分心が軽い感じはしましたが、うまく話せなくて迷惑をかけたのではと考えてしまった部分もありました。

でも今回はそれがなく、純粋に行ってよかったなと思えました。

カウンセリングの中では、感情を出すのが苦手じゃないか、特に悲しみを抑えていたのではと言われて、今まで考えたことがなかったけれどとても腑に落ちました。

彼とはまだ連絡をとっていないので実際にできるかはわかりませんが、

気持ちや考えを素直に伝えたいと思っているし、少しできそうな気がしています。

次回もよろしくお願い致します。

(自分の)笑顔が素敵すぎて別人かと思いました(2017年7月)担当:豊田

あまりにスムーズに笑えるようになって、顔に異常があるのかと思い、鏡を見たら、

笑顔が素敵すぎて、別人かと思いました(笑)

裏を返せば、自分の本当の笑顔を知らなかったという事なんですね。

笑うことが本当に楽になりました(2017年7月)担当:豊田

2回目のカウンセリングを受けてから、笑うことが本当に楽になりました。
これまで人目を気にして、心から笑ってこなかったのだと気づきました。

また、周囲から失礼なことを言われると、すぐに落ち込んでしまっていたのですが、あまり傷つかなくなりました。
他人と自分の線引きが少しずつできるようになっていると感じます。

豊田さんのアドバイス通りインナーチャイルドへの謝罪を試みているのですが、なかなかうまく反応してくれません。

次回もよろしくお願いします。

気持ちが軽くなりました(2017年7月)担当:橋本

遅くなりましたが、先日はありがとうございました。
お話しできて少し気持ちが軽くなりました。
カウンセリングの間は昔のことをあまりうまく思い出してお話できなかったのですが、帰ってから色々なことを思い出してきたのでまたお話したいです。
よろしくお願いいたします。

旦那に当たる前に冷静に考える余裕ができました(2017年7月)担当:豊田

先日はありがとうございました。

たくさん泣きながら話をしたからか、久しぶりにとても気持ちがスッキリしました。

人の顔を伺いながら仕事をしていたのが、その後あまり気にならなくなりました。

人は人、自分は自分。と少し考えられるようになり、

イライラした気持ちも旦那に当たってしまう前に一旦冷静に考えられる余裕もできてきました。

スキップしたくなる程楽しい気分(2017年6月)担当:豊田

先日は、ありがとうございました。確認メール届きました。
不思議な感覚でスキップしたくなる程、楽しい気分でした。
アサーティブ‼自分では、そこに気っきませんでした。
少しずつですが、本を読んでます。
また次回も宜しくお願いします。

あまりのタイミングの良さに身震いがしてきました(2017年6月)担当:豊田

前回のカウンセリングが終わってからも、
フラれた相手に対する未練がましい気持ちはなかなか抜けきれませんでした。

日曜に飲みがあるという話をしていたと思うのですが、なかなか気持ちが切り替えられないでいました。
次の予約は一週間早いほうがよかったかなと後悔したりもしていました。
このいきさつと時を同じくして、二年くらいまともにやりとりをしていなかった友達から突然連絡がありました。
その内容は「お仕事が大変なので手伝ってほしい」というお誘いでした。
内容を見て、正直「ご無沙汰だったところにずいぶんと都合のいいヤツだ」と憤りを感じていました。
(年末のカウンセリングで話していたのですが)昨秋に「結婚しました」と連絡が来ていたこともあり、嫉妬の気持ちもくすぶっていたかもしれません。

その日は怒りにまかせてやんわりと断ってしまいました。
一晩経ってフラれたという状況を受け容れられるようになってきたところ、ふと別の考えが頭をよぎりました。
これはひょっとしたら何か大事なメッセージなんじゃないのかな、と。
「今の場所や関係にしがみついててはいけないよ」という何処かからの声ではないのだろうかと。
そうして自分の気持ちに向き合い始めると、
あまりのタイミングの良さに身震いがしてきました。
カウンセリングの時にも言葉にしていたのですが、やっぱり今の仕事は無理をして続けていました。
気になっていた人に近づきたいのが本心で、仕事そのものは嫌な気持ちをごまかしながら時間を過ごしている自分がいました。
そして、これからは自分の時間や気持ちを大切にして生きていきたいという心持ちも忘れかけていました。 憤っていた気持ちはあっという間に吹っ飛んでしまいました。
すっかり「自分の人生に新しい選択肢(これこそ縁なのかもしれません)がやってきた!」という、 ワクワクした気持ちに入れ替わってしまいました。
ということで、取り急ぎその友人へ断りを伝えたことを謝るメッセージを送りました。 久しぶりのやりとりに懐かしさを覚えつつ、改めてお仕事の詳細を聞いたりするために会う約束を取り付けることができました。
途中までは何となくわかってはいつつも良くない考え方に陥っていましたが、
最後は良い気持ちで良い選択ができたので、今はとてもすがすがしい気持ちです。
まだ今の仕事をどうしようかは決めていませんが、
自分の気持ちを裏切らないように行動していきたいです。