東京カフェカウンセリングは、今日まで多くのお客様にご利用頂いてきました。
その一部で、掲載の了解を得られたものをご紹介いたします。

同じ土俵に立たず、落ち着いています(2016年12月)担当:橋本

橋本様 先日はお話を色々聞いていただきありがとうございました。 あの後、新宿で買い物をして、メイクカウンターでお化粧品を買ってたら見る見る元気になって来て 欠席しようと思っていた仲間の会に参加出来ました。 相変わらず彼目当ての女性が何人かは来てましたが、 同じ土俵にたたないとのアドバイスで、とても心が落ち着きました。 日曜日は少し思い出し不安定な気持ちになりましたが、 今日は彼と会い静かに過ごせました。 このまま平和な気持ちが続きますようにと思います。が、、 また、お願いすることもあるかもしれません。その時はまた、ネット予約しますので、よろしくお願いします。 本当にお友達にも相談出来ない事、聞いていただきありがとうございました。

知らない人とも自由に話せるようになりました(2016年12月)担当:豊田

前回のカウンセリング後、職場でも、旅行先の知らない人とも、不思議と自由に話せるようになりました。 今までは周囲が大きな存在に思えていたのですが、みんなも悩みがあったり、未熟なところがある、同じ人間なんだって思えるようになったら、不思議と自由に話せました。 ただ、親に話すときは、まだぎこちないです。 ですが、それを乗り越えて、自由に話せるように、なりたいと思っています。 考えてみると、親も親なりに、明るい家庭にしたいと頑張ってきたのかな、と思いましました。 自己肯定もできるようになり、とても楽になりました。 当初の悩みは、ほぼなくなりました。 ありがとうございました。

前よりも落ち着いて過ごせています(2016年12月)担当:豊田

最近は大丈夫だと思えたり、不安になってしまったり波があったりしますが、 前よりも気持ちが落ち着いて過ごせているなーと思います。

「考えてもいい」が、逆に考えなくなりました(2016年12月)担当:豊田

先日はありがとうございました。 話を聴いてもらうだけで、何も解決にならなかった。 そう思ったのですが、数日後に変化を感じました。 「何も悪いことをしていないし、考えても(妄想しても)いいんじゃないですか?」と言っていただき、今までは考えてはいけないと思っていたのに、考えてもいいか、と思えるようになりました。 すると、逆に考える時間が減り、いつもの平穏な日常が戻ってきました。 求めていた、いつもの日常が戻ってきて助かりました。 ありがとうございました。

バンコクで働くことになりました(2016年12月)担当:豊田

お元気にしていらっしゃいますか? 私がちょうど東京を去る頃から独立に向けて忙しそうにしていらっしゃいましたよね。 こちらのメールを拝見して、ますますご活躍していらっしゃるのだなあとしみじみ。 通っていた頃がちょっと懐かしくなってメールさせていただきました。 私はあれから紆余曲折あって、実は、バンコクで働くことになりました(笑 明日出発します。 やはり結婚とかそっちの方はまだ全然ダメですが。 バンコクはとても蒸し暑いので、まずは健康に気をつけながら、、そっちの方も頑張りたいです(笑 いつかまたお会いできる機会があると嬉しいな〜と思いつつ。 寒さも本格化してきましたので、ご自愛くださいね。 それでは、また!

トラウマを治せる希望が持てました(2016年12月)担当:豊田

カウンセリングを始めて、思っていたよりも自分のトラウマは大きいのかもしれないという気持ちと、 治すことができるという希望が持てて嬉しい気持ちとあります。 今はまだ漠然とした感じと混乱した感じで自分の気持ちをうまくまとめられないのですが、少しずつ冷静に気づいていけたらと思います。 どうぞよろしくお願いします。

月1回、聴いてもらえたから前に進めた(2016年12月)担当:豊田

今は別の語学スクールに通っていて、1年が過ぎました。 通信制大学も2015年は科目履修生として通い、2016年から3年次に編入しました。 (単位を繰り越しできる学校でした) 2014年当時、豊田さんは仕事とはいえ、よくぞ毎回マイナス全開な私の話を聴いてくださったな…と感じていますが、 聴いてくださった方がいたからこそ、前に進めたのだろうとも思います。 ありがとうございました。 【カウンセリングを受けるか迷っている方へ】 私が豊田さんにお世話になったのは、月1回×1年くらいです。

元気で毎日を工夫しながら楽しんでいます(2016年12月)担当:豊田

先生にはお元気でお過ごしのことと存じます。 お陰さまで私は、元気で毎日の寒さを工夫しながら楽しんでいます。 また、先生のブログもいつもとても興味深く拝読しております。 いつも細やかなお心配りを頂き、恐縮いたしております。 今年一年、本当にお世話になりました。新年もどうぞよいお年をお迎えくださいませ。

親は乗り越えるのではなく、受け入れると気づけた(2016年12月)担当:豊田

前回のカウンセリングでは、自分でも予想外なほど私の両親のことについて大きく時間を割いて話してしまいましたが、 それほど私の悩みに親という存在が大きく関わっているということを再認識しました。 また、最後に行った、もう一人の男の子に声をかけるワークは私の中で大きな意味がありました。 私は親という存在を、絶対的なもので、乗り越えなければ先に進めない(自律できない)と考えていました。 しかし、ワークの中で「親も一人の人間である」という、予想だにしなかった言葉が自分の口から出て、人間なら乗り越えるものではなく、受け入れて付き合っていく必要があるのかと思いました。

完璧な答えでなく、グレーでもいいと思えた(2016年11月)担当:豊田

白黒はっきりさせたくて、早く別れるか別れないか完璧な答えを出さなければ!と思っていましたが、 まぁグレーでもいいか、どちらに行きたいのかゆっくり進もう…と思えるようになりました。 まだまだつらく苦しいですし、自分がどうしたいのかわからなくて抜け出したい焦りはありますが、またお話し聞いてもらって何か道が開けたらいいなぁと思ってます。